くらし情報『日本の竹を原料にしたバイオマスプラスチックを使用。「そらまめ」をモチーフにしたベビー食器が誕生』

2020年11月9日 09:15

日本の竹を原料にしたバイオマスプラスチックを使用。「そらまめ」をモチーフにしたベビー食器が誕生

原貿易株式会社は、今年創業65周年を迎えた繊維商社です。繊維・生活関連事業では、ベビー&キッズ用のギアを中心に、OEM・ODMビジネスを手掛けたり、海外ブランドの代理店を行っています。販売先は日本全国の百貨店、専門店、量販店など多岐にわたります。 この度、原貿易株式会社の主力ベビーブランドangelette (R)︎ から、新たにベビー食器「soramame/そらまめ」を販売開始します。

日本の竹を原料にしたバイオマスプラスチックを使用。「そらまめ」をモチーフにしたベビー食器が誕生

soramameは、「空に向かってすくすく、#こどもごはん をハッピーにする」をコンセプトに、そらまめが空に向かって成長するようにお子様にもすくすくと育って欲しいという願いを込めて、日頃から赤ちゃんや子供たちと生活をしているママさん達と一緒に企画し、高い安全性と自由なデザインを生み出しました。

縁起物でもある「そらまめ」をモチーフにすることによって、出産祝いなどギフトとしても喜ばれる商品です。

日本の竹を原料にしたバイオマスプラスチックを使用。「そらまめ」をモチーフにしたベビー食器が誕生

お子様の手や口に直接触れるものだからこそ素材にもこだわり、石油を原料とした一般的なプラスチックではなく、<抗菌・抗カビ・抗ウィルス>効果の高い日本の竹を原料にした「バイオマスプラスチック」を使用しています。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.