くらし情報『セイコー創業140周年を記念した、クレドール「叡智II」瑠璃色磁器ダイヤルモデルが登場』

2020年11月13日 20:00

セイコー創業140周年を記念した、クレドール「叡智II」瑠璃色磁器ダイヤルモデルが登場

GBLT997
GBLT997
セイコーウオッチ株式会社は、高級ウオッチブランド<クレドール>より、セイコーの創業140周年を記念したモデル1モデルを、2021年1月22日に発売いたします。希望小売価格はそれぞれ660万円(税込)(税抜600万円)です。

《セイコーの歴史》
創業者服部金太郎は、1860年10月9日(旧暦。新暦では11月21日)、現在の銀座に生まれました。少年期に時計店の様子を見て、「販売だけでなく修理でも利益が得られ、客足の少ない日でも大切な『時』を無為に過ごさなくともよい。」と考え、時計商になろうと決心しました。その後、時計店で時計の修理や販売を学んだ後、1881年、21歳の時、「服部時計店」(現在のセイコーホールディングス株式会社)を創業しました。当初は輸入時計の販売や修理を主体としていましたが、時計の自社製造を目標としていた金太郎は、1892年、時計の製造工場「精工舎」を設立し、掛時計の製造を開始しました。精工舎ではその後、部品の製造から組立まで一貫して自社で行うことによって、精巧で品質の高い製品を世に送り出しました。3年後には、当時需要が高まっていた懐中時計の製造を開始し、1913年には、やがて腕時計の時代が到来することを先見し、国産初の腕時計の製造にこぎつけました。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.