くらし情報『テットオム、民事再生法の適用を申請』

2014年7月10日 21:38

テットオム、民事再生法の適用を申請

メンズブランド「テットオム(TETE HOMME)」などを展開するテットオムが7月10日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請。保全命令を下された。

同社は1976年2月に創業し、「テットオム」のほか「ハルプ(HALB)」「アドポーション(ADPOSION)」などのブランドを展開。丸井やパルコなどに出店している。現在「08サーカス(08sircus)」デザイナーの森下公則による「キミノリモリシタ(kiminori morishita)」も手掛けていた。

80年代のDCブランドブームの際は、ドラマ「あぶない刑事」で舘ひろしが着たこともあってブレイク。人気DCブランドの一角に位置し、2008年8月期には年売上高約21億4600万円を計上した。過去にはセレブリティを特集するテレビ番組で加藤和孝代表取締役の暮らしが放映されたこともある。

しかし、低価格化が進む中で売り上げは年々減少。2013年8月期の年売上高は約15億6000万円にまで落ち込んでいた。慢性的な赤字経営から脱却するため経費削減や各種販促活動などに注力したが、資金繰りが限界を迎え、今回の措置となった。負債額は少なくとも5億円以上だと見込まれている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.