くらし情報『映画『劇場版ACMA:GAME 最後の鍵』“頭脳×心理”デスゲームの最終決戦、主演・間宮祥太朗』

映画『劇場版ACMA:GAME 最後の鍵』“頭脳×心理”デスゲームの最終決戦、主演・間宮祥太朗

映画『劇場版ACMA:GAME 最後の鍵』“頭脳×心理”デスゲームの最終決戦、主演・間宮祥太朗

間宮祥太朗主演の日曜ドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」が映画化。映画『劇場版ACMA:GAME 最後の鍵』が、2024年10月25日(金)より公開される。

“頭脳×心理”デスゲームを描く『ACMA:GAME アクマゲーム』映画化
映画『劇場版ACMA:GAME 最後の鍵』は、ドラマ『ACMA:GAME アクマゲーム』を映画した作品。同名の漫画を原作とするドラマは、異形の悪魔たちによる“頭脳×心理”デスゲーム「アクマゲーム」を描いたサバイバル・エンターテインメントだ。

ドラマは、幼い頃に父親から譲り受けた“悪魔の鍵”をきっかけに「アクマゲーム」に巻き込まれた主人公・織田照朝が、中学の同級生の斉藤初や眞鍋悠季と力を合わせながら、99本集めるとこの世の全てを手にすることができる“悪魔の鍵”を集めていくという内容。数々の戦いの中で、上杉潜夜や式部紫といった仲間を加えながら、グングニルという謎の組織の目的と正体へ迫った。

グングニルの黒幕を突き止めたものの、「アクマゲーム」自体を終わらせることはできないままとなったドラマの最終回。映画では、そんなドラマの内容に続き、“世界の運命”を賭けた最終決戦を描く。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.