くらし情報『映画『地球に落ちて来た男』デヴィッド・ボウイ初主演作、誕生日と命日に全国で追悼上映』

2016年6月21日 16:45

映画『地球に落ちて来た男』デヴィッド・ボウイ初主演作、誕生日と命日に全国で追悼上映

映画『地球に落ちて来た男』デヴィッド・ボウイ初主演作、誕生日と命日に全国で追悼上映

デヴィッド・ボウイ初主演映画『地球に落ちて来た男』の追悼上映が決定。彼の誕生日(1月8日)と命日(1月10日)を含む期間に、全国で上映される。

2016年1月10日、この世を去ったデヴィッド・ボウイ。その2日前に69歳の誕生日を迎え、2年ぶりのアルバム『ブラックスター』を発表したばかりだった。美しき孤高のロック・スターは、俳優としてもスクリーンで異彩を放つ存在で、『地球に落ちて来た男』は彼の初主演作だ。ウォルター・テヴィスの同名SF小説を実写化した本作で、新天地を求めて地球に降り立った美しき宇宙人役を演じている。

監督のニコラス・ローグも、初監督作品『パフォーマンス』(1970年)ではミック・ジャガーを、『地球に落ちて来た男』の次作『ジェラシー』(1979年)ではアート・ガーファンクルを主演に迎えるなど、ミュージシャンの身体を映画の中心に置いてきた異色の存在だ。

当初、この映画のための曲も用意していたというボウイ。しかしあくまでも俳優としてのデヴィッド・ボウイを必要としていた監督のニコラス・ローグの意向もあり、演技に全力を注ぐことに。そのボウイの代わりに、ママス・アンド・パパスのリーダー的存在であったジョン・フィリップスが音楽を担当している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.