くらし情報『アンリ・シャルパンティエのクリスマスケーキ、オーナメントや星空をイメージしたデザイン』

2016年12月2日 14:05

アンリ・シャルパンティエのクリスマスケーキ、オーナメントや星空をイメージしたデザイン

アンリ・シャルパンティエのクリスマスケーキ、オーナメントや星空をイメージしたデザイン

洋菓子ブランド「アンリ・シャルパンティエ」の2016年クリスマスケーキが登場。全国51店舗でホールケーキの受付を開始、受け渡しは2016年12月23日(祝・金)から25日(日)までだ。

今年はフランス・アルザス地方のクリスマス・マーケットをテーマに、オーナメントやクリスマスの星空をモチーフにした、上品で味わい深いケーキが勢揃い。5つの新作を紹介する。

「クロンヌ・ドゥ・ノエル」王冠風デザイン
すっきりとした酸味のホワイトチョコレートムースの中に、オレンジのコンフィを忍ばせ、さらにチョコレートムースで味を引き締めた「クロンヌ・ドゥ・ノエル」。キャラメル状のアーモンドを砕いて敷き込み、食感のアクセントにした。クロンヌは仏語で“王冠”の意味。アルザス地方発祥の菓子・クグロフの型を使い、オーナメントをイメージしたデザインに仕上げている。

「サパン・ドゥ・ノエル」 ツリーに見立てたケーキに、いちごのオーナメント
サパンは仏語で“もみの木”を示す。「サパン・ドゥ・ノエル」は、ケーキ全体でツリーを表現し、ピスタチオで彩りを添え、いちごのオーナメントをイメージして飾った。いちごや酸味のあるフランボワーズのピューレを入れ、外側はメレンゲを使用したクリームで包み、様々な食感や味わいを楽しめるいちごクリームのタルトだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.