くらし情報『「アルチンボルド展」国立⻄洋美術館で開催 - 代表作《春》《夏》《秋》《冬》が初集結』

2016年12月30日 17:00

「アルチンボルド展」国立⻄洋美術館で開催 - 代表作《春》《夏》《秋》《冬》が初集結

「アルチンボルド展」国立⻄洋美術館で開催 - 代表作《春》《夏》《秋》《冬》が初集結

「アルチンボルド展」が、2017年6月20日(火)から9月24日(日)まで、東京・上野の国立⻄洋美術館で開催される。

ジュゼッペ・アルチンボルド(1527-1593年)は、16世紀後半にウィーンとプラハのハプスブルク家の宮廷で活躍した、イタリア・ミラノ生まれの画家。自然科学に深い関心を示したマクシミリアン2世、そして稀代の芸術愛好家として知られるルドルフ2世という神聖ローマ皇帝たちに寵愛されたアルチンボルドは、歴史上でもひときわ異彩を放つ、宮廷の演出家であった。

「アルチンボルド」の名は何よりも、果物や野菜、魚や書物といったモチーフを思いがけないかたちで組み合わせた、寓意的な肖像画の数々によって広く知られている。奇想と知、驚異と論理とが交錯するそれらの絵画は、20世紀のシュルレアリスム以後のアーティストたちにも、大きな影響を与えている。

そんなアルチンボルドを日本で初めて本格的に紹介する本展。代表作《春》《夏》《秋》《冬》など、世界各地の主要美術館が所蔵するアルチンボルドの油彩約10点を中心に、アルチンボルドのイメージ世界の生成の秘密に迫る展覧会となっている。

さらに、本展開催を記念して日本のデザイナー達がグッズを開発。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.