くらし情報『「京都国際写真祭 2017」京都各所で開催 - 荒木経惟、ロバート・メイプルソープらの作品集結』

2017年1月1日 15:20

「京都国際写真祭 2017」京都各所で開催 - 荒木経惟、ロバート・メイプルソープらの作品集結

「京都国際写真祭 2017」京都各所で開催 - 荒木経惟、ロバート・メイプルソープらの作品集結

写真フェスティバル「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017」が、2017年4月15日(土)から5月14日(日)までの期間、京都各所で開催される。

世界屈指の文化都市・京都を舞台に開催される、日本でも数少ない国際的な写真祭「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」。国内外の重要作家の貴重な写真作品や写真コレクションを、趣きのある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間に展示する本写真祭も今回で5回目を迎える。

2017年のテーマは「LOVE」。20世紀後半にもっとも影響力のあったアーティストの一人であるロバート・メイプルソープ、最新作「机上の愛」を日本で初めて公開する荒木経惟、約3万6千年前の人類最古の壁画が残ると言われるフランスの世界遺産・ショーヴェ洞窟の作品を発表するラファエル・ダラポルタ、名だたる著名人をシャッターに収め、「ポートレートの巨匠」として知られるアーノルド・ニューマンら、国内外の気鋭のアーティストの新作や貴重なコレクションが、作家ごとに二条城 二の丸御殿台所、両足院(建仁寺内)など京都の各所に展示される。

また、虎屋京都ギャラリーではフランス国立ギメ東洋美術館の古写真コレクションを展示。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.