くらし情報『漫画「キャプテン翼」が舞台化、六本木で公演 - 最新VRテクノロジーを駆使し神技連発シーンを再現』

2017年3月3日 12:00

漫画「キャプテン翼」が舞台化、六本木で公演 - 最新VRテクノロジーを駆使し神技連発シーンを再現

漫画「キャプテン翼」が舞台化、六本木で公演 - 最新VRテクノロジーを駆使し神技連発シーンを再現

漫画『キャプテン翼』が舞台化。2017年8月18日(金)から9月3日(日)まで、東京・Zepp ブルーシアター六本木にて公演される。

連載開始から30年以上を経た今も多くのファンに愛されるサッカー漫画『キャプテン翼』。最新VRテクノロジーを駆使した舞台では、ダンスや武芸、デジタルイリュージョンなどによって作中に登場するお馴染みの神技連発シーンを再現。五感で楽しめるダイナミックな舞台が披露される。

舞台版完全オリジナルとなるストーリーでは、翼率いる全日本チームが、世界中のU20の選手たちを集結させたRED STORMという強敵と立ち向かう。RED STORMには、過去に翼が戦ったキャラクターたちも含まれており、馴染みのキャラクターたちが紡ぐ新たなストーリーを楽しむことができる。

本舞台のもう一つの目玉は、シュートを受けた衝撃やキックの感触などをリアルに体感できる87席の「体感シート」が設置されることだ。ソニー(Sony)が開発する最先端インタラクションテクノロジーを舞台と融合させた世界初の試みとなる。さらに、演劇空間に香りを導入したフレグランス演出も行われ、まさに五感で物語の情景を感じることができそうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.