くらし情報『ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場、3面映画上映システム「ScreenX」を日本初導入』

2017年6月4日 17:15

ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場、3面映画上映システム「ScreenX」を日本初導入

ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場、3面映画上映システム「ScreenX」を日本初導入

ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場は、日本初となる3面(正面+左右側面)映画上映システム「ScreenX(スクリーン・エックス)」を、2017年7月1日(土)より導入する。

3面映画上映システム「ScreenX」とは?
従来の映画館では正面スクリーンにのみ映像が映し出されていたが、「ScreenX」では、正面スクリーンにプラスして左右側面(壁面)にも映像を投影。これにより、観客は270度の視界すべてに映画を感じることができ、より作品の世界に自分の感覚が没入していくような映画体験が可能となっている。

「ScreenX」で上映される映画は、シーンによって正面のみに映像が投影されるシーンと、両側面に映像が投影されるシーンの2つで構成。左右に広がる画面は映画の各シーンにさらなる抑揚と臨場感をもたらす効果を生み出し、映画自体の持つポテンシャルを最大限に表現することが出来るとのことだ。

記念すべき第1作品目はパイレーツ最新作
そして、日本初上陸となる「ScreenX」を使用する第1作品目として公開される映画は、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』に決定。映画館の常識を変える新上映システム「ScreenX」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.