くらし情報『映画『グッド・タイム』ロバート・パティンソンが銀行強盗に、NY地下世界が舞台のクライムドラマ』

2017年8月4日 15:40

映画『グッド・タイム』ロバート・パティンソンが銀行強盗に、NY地下世界が舞台のクライムドラマ

映画『グッド・タイム』ロバート・パティンソンが銀行強盗に、NY地下世界が舞台のクライムドラマ

映画『グッド・タイム』が2017年11月3日(祝・金)から全国公開される。

NYの地下世界を舞台にしたクライムドラマ
ニューヨークの最下層で生きるコニーと弟ニック。2人は銀行強盗をしようとするが、途中で弟が捕まり投獄されてしまう。弟は獄中でいじめられ、暴れて病院へ送られることに。それを聞いたコニーは病院へ忍び込み、なんとか弟を取り返そうとするが、事態は予想外の方向へと進んでいく。

『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソン最新作
コニーを演じるのは、『トワイライト』シリーズで一躍世界的に有名になり、その後『ディーン君がいた瞬間』『コズモポリス』などに出演してきた俳優ロバート・パティンソン

これまで容姿端麗で紳士的な役どころの多かった彼が本作では、カンヌ映画祭で「パティンソンのキャリアの中で最高の演技」と称賛されたほど荒々しくバイオレントな男を演じており、まさに新境地。さらに、ロンドン郊外の出身だが、クイーンズなまりの英語にも挑戦している。「自暴自棄の銀行強盗役は『狼たちの午後』のアル・パチーノを彷彿とさせる」とのコメントも。

また、コニーの弟ニック役は監督であるベニー・サフディが兼任し出演している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.