くらし情報『大塚呉服店 17年秋のオリジナル着物、“フレンチアクトレス”がテーマのローズ柄や幾何学模様』

2017年9月18日 11:30

大塚呉服店 17年秋のオリジナル着物、“フレンチアクトレス”がテーマのローズ柄や幾何学模様

大塚呉服店 17年秋のオリジナル着物、“フレンチアクトレス”がテーマのローズ柄や幾何学模様

“きものが着たくなる呉服店”がコンセプトの着物ブランド「大塚呉服店(Otsuka Gofukuten)」から、2017年秋の新作着物、全5種類が登場する。

テーマは「フレンチアクトレス」。提案するのは、フランス映画の女優のように、自分の個性を衣裳で表現できる着物。着物そのものが着る人の“らしさ”を引き立てるのはもちろん、帯のデザインを変えれば、自由自在にアレンジも可能だ。

グリーン、パープル、ベージュの3色で展開するローズ柄は、身に着ければロマンチックなイメージへ。モダンな幾何学模様のウロコ柄は明るいマスタードカラーで遊びを加える。そして、ピーコック柄は落ち着いたモーヴを採用。女性らしさを引き出してくれる。

なお、11月に迎えるブランド5周年を記念し、歴代人気商品のセミオーダー会も開催。京都、新宿、神戸の3つの街で自分だけの着物が手に入る。

【詳細】
大塚呉服店 2017年新作着物
発売時期:2017年9月
価格:38,000円+税
色柄展開:全5種
バラ / グリーン・紫・ベージュ、ウロコ / マスタード、ピーコック / モーヴ
素材:ポリエステル100%

■5周年記念・セミオーダー会
京都店:9月11日(月)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.