くらし情報『映画『希望のかなた』フィンランド名匠 アキ・カウリスマキ最新作、「難民問題」を描いたヒューマンドラマ』

2017年9月23日 16:35

映画『希望のかなた』フィンランド名匠 アキ・カウリスマキ最新作、「難民問題」を描いたヒューマンドラマ

映画『希望のかなた』フィンランド名匠 アキ・カウリスマキ最新作、「難民問題」を描いたヒューマンドラマ

映画『希望のかなた』が2017年12月2日(土)より公開される。

「難民問題」に向き合うヒューマンドラマ
『希望のかなた』は北欧フィンランドの首都・ヘルシンキが舞台。生き別れの妹を探すシリア難民の青年カーリドは、“いい人のいい国”だと聞いていていたフィンランドで、無常にも難民申請を却下され、ネオナチからのいわれのない暴力にさらされる。そんな中、レストランオーナーのヴィクストロムをはじめとする市井の人々が救いの手を差しのべ、彼らの小さな善意に救われるという物語だ。

世界が忘れかけている“当たり前”の人間性を、辛辣なユーモアと無償の優しさをもって描いたヒューマンドラマとなっている。なお本作は、2017年のベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞した。

フィンランドの名匠がメガホンを握る
監督は“フィンランドの名匠”と呼ばれる、アキ・カウリスマキ監督。社会への深い洞察を得意とする彼は、前作『ル・アーブルの靴みがき』で“港町三部作”と名付けたシリーズ名を“難民三部作”に変え、今回の『希望のかなた』で全世界の課題となった「難民問題」に向き合う。

シリア人のキャストを起用
カーリドを演じるのは、シリア人俳優シェルワン・ハジ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.