くらし情報『HARE 2018年春夏コレクション - 混沌とした現代の霧の中で、自己表現する強い意志』

2017年10月22日 23:00

HARE 2018年春夏コレクション - 混沌とした現代の霧の中で、自己表現する強い意志

HARE 2018年春夏コレクション - 混沌とした現代の霧の中で、自己表現する強い意志

HARE(ハレ)の2018年春夏コレクションが2017年10月19日(木)、東京・渋谷ヒカリエにて発表された。今季のテーマは“HAZE”。霧・もやという意味で、情報が溢れる現代で自分たちのリアリティをつかもうとする若者の姿を洋服に落とし込んだ。

足元に霧がかかったランウェイで、電子音と共に大量の霧が立ち込める中からモデルが登場し、ショーは開幕した。重ねることで下に着ているものの存在を不確かにするシフォンスカートやメッシュTシャツなどの素材で、もやもやとしたイメージを形成。また、レイヤード風のコートは、オーバーサイズのものを再構築することで製作しており、境界線をぼやけさせている。

もやがかかったようなプリントは、Tシャツ、ブルゾン、ワンピースに施され、光の当たり具合によって見え方が変わる。シャツを開けっ放しにしたり、前後で長さの違うトップスを肩を落として着たり、シルエットやスタイリングでも曖昧さを表現。

グレー、ベージュ、アイボリーなどぼんやりとした色味のアイテムに合わせる足元は、派手なグラデーションのソックスとブラックサンダル。おぼろげな印象と調和させ、スタイリングを落ち着かせる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.