くらし情報『映画『花筐/HANAGATAMI』窪塚俊介、満島真之介出演 - 戦争の渦に巻き込まれる若者の「生」』

2017年11月3日 22:15

映画『花筐/HANAGATAMI』窪塚俊介、満島真之介出演 - 戦争の渦に巻き込まれる若者の「生」

映画『花筐/HANAGATAMI』窪塚俊介、満島真之介出演 - 戦争の渦に巻き込まれる若者の「生」

映画『花筐/HANAGATAMI』が2017年12月16日(土)より、有楽町スバル座ほか全国で公開される。

監督を務めるのは尾道三部作をはじめ数多くの“古里映画”を撮り続けてきた大林宣彦。戦争の時代に生きる若者たちを主軸に、青春群像劇を圧倒的な映像力で描く。

原作は三島由紀夫がこの一冊を読み、小説家を志したという檀一雄の純文学「花筐」。1941年の春、佐賀県唐津に暮らすことになった17歳の榊山俊彦が、学友たちと青春を謳歌する中でいつしか戦争の渦に飲み込まれてゆく。

主人公・榊山俊彦を演じるのは窪塚俊介。俊彦が憧れを抱く、たくましい美少年の鵜飼役には、『三度目の殺人』など話題作に出演が相次ぐ満島真之介。病に苦しむヒロイン・美那には若手女優の矢作穂香。他にも、常盤貴子長塚圭史柄本時生山崎紘菜門脇麦などの個性溢れる実力派が揃い踏みだ。

詳細
『花筐/HANAGATAMI』
公開日:2017年12月16日(土)有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー
監督:大林宣彦
キャスト:窪塚俊介満島真之介長塚圭史柄本時生矢作穂香山崎紘菜門脇麦常盤貴子
©唐津映画製作委員会/PSC 2017

【あらすじ】
1941年の春、アムステルダムに住む両親の元を離れ、佐賀県唐津に暮らす叔母の元に身を寄せることになった17歳の榊山俊彦の新学期は、アポロ神のように雄々しい鵜飼、虚無僧のような吉良、お調子者の阿蘇ら学友を得て“勇気を試す冒険”に興じる日々。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.