くらし情報『映画『移動都市/モータル・エンジン』LotRのピーター・ジャクソン製作の冒険ファンタジー』

2017年12月22日 08:05

映画『移動都市/モータル・エンジン』LotRのピーター・ジャクソン製作の冒険ファンタジー

映画『移動都市/モータル・エンジン』LotRのピーター・ジャクソン製作の冒険ファンタジー

映画『移動都市/モータル・エンジン』が、2019年3月1日(金)より全国公開となる。『ロード・オブ・ザ・リング』、『ホビット』3部作の制作陣が、イギリス作家フィリップ・リーヴの小説「移動都市」を映像化。

SF小説「移動都市」を、『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン実写化
原作は、イギリス人作家フィリップ・リーブによるベストセラー・SFファンタジー小説『移動都市』。今回、製作・脚本に、世界的なブームを巻き起こした『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』3部作で知られるピーター・ジャクソンを迎え、実写化される運びとなった。また、ピーター・ジャクソンの右腕として、『キング・コング』で第78回アカデミー賞視覚効果賞を受賞したクリスチャン・リバースが、本作で長編映画初となる監督デビューを果たす。

荒廃した世界、移動する巨大都市、都市が都市を“喰う”弱肉強食の世界
物語の舞台は「60分戦争」と呼ばれる戦争の数百年後の世界。戦争の結果荒廃しきったこの世界では、人々は地上を這う巨大な移動型都市に住み、他の都市を“喰う”ことによって資源を奪いながら生活している。襲われた都市は、ガット(腸)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.