くらし情報『「第69回さっぽろ雪まつり」"鉄腕アトム"や"FF"の大雪像、雪の滑り台などの屋外会場も』

2017年12月23日 15:15

「第69回さっぽろ雪まつり」"鉄腕アトム"や"FF"の大雪像、雪の滑り台などの屋外会場も

「第69回さっぽろ雪まつり」"鉄腕アトム"や"FF"の大雪像、雪の滑り台などの屋外会場も

「第69回さっぽろ雪まつり」が北海道・札幌市にて開催される。期間は、大通会場とすすきの会場が2018年2月5日(月)から2月12日(月)まで、つどーむ会場は2018年2月1日(木)から2月12日(月)まで。

「さっぽろ雪まつり」は、1950年に始まり今年で69回目を迎える札幌の冬の祭典。日本の三大雪祭りの一つにも数えられ、現在では毎年約200万人以上が訪れる冬の一大イベントだ。

3つの会場に氷雪像がずらり
「さっぽろ雪まつり」は、「大通会場」、「すすきの会場」、「つどーむ会場」の主に3箇所で開催される。

大通会場
「大通会場」は、札幌の中心を横切る大通公園にて展開。約1.5kmにもわたる通りを利用して、バラエティに富んだ雪像を披露するほか、イルミネーションのライトアップや、各種イベントなども開催する。

すすきの会場
開会式や閉会式も行われる「すすきの会場」では、“氷を楽しむ”をテーマに、触れたり乗ったりできる雪像や、撮影スポット、イルミネーションなどを展開。また、メインストリートである駅前通りに約60基もの氷像が並ぶ「クリスタルストリート」も開催する。

つどーむ会場
第2会場としてすっかり定着した「つどーむ会場」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.