くらし情報『「キテレツ大百科」「ドラえもん」の道具の原画約120点展示、藤子・F・不二雄ミュージアム』

2018年1月14日 18:10

「キテレツ大百科」「ドラえもん」の道具の原画約120点展示、藤子・F・不二雄ミュージアム

「キテレツ大百科」「ドラえもん」の道具の原画約120点展示、藤子・F・不二雄ミュージアム

藤子・F・不二雄ミュージアムでは、企画展“「キテレツ大百科」×「ドラえもん」 江戸時代の発明と未来のひみつ道具”を前期・後期・第Ⅲ期に分けて実施。後期は2019年1月15日(火)まで、第Ⅲ期は2019年1月25日(金)から7月7日(日)まで開催される。

『キテレツ大百科』と『ドラえもん』のふしぎな道具が大集合
本展は、ミュージアム初となる『キテレツ大百科』を中心とした、まんが作品に登場するバラエティ豊かな道具の原画展。『キテレツ大百科』の発明品を中心に、それに類似する『ドラえもん』のひみつ道具を並べて約120点が展示される。

前期には、江戸時代の天才キテレツ斎が「奇天烈大百科」に書き残した過去の道具である『キテレツ大百科』の“発明品”である念力帽や、『ドラえもん』の22世紀の“ひみつ道具”であるエスパー帽子のほか、『てぶくろてっちゃん』や『ポコニャン』など、ふしぎな道具の原画が登場。後期は、124枚の原画展示のうち96枚を刷新した。

第Ⅲ期では124枚のうち108枚の原画を入れ替え、『キテレツ大百科』から「超鈍速ジェット機」「公園の恐竜」、『ドラえもん』から「のび太航空」「大雪山がやってきた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.