くらし情報『映画『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』ショーン・ベイカー監督“夢の国”外に住む貧困母子家庭を描く』

2018年1月27日 11:20

映画『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』ショーン・ベイカー監督“夢の国”外に住む貧困母子家庭を描く

映画『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』ショーン・ベイカー監督“夢の国”外に住む貧困母子家庭を描く

映画『フロリダ・プロジェクト真夏の魔法』が、2018年5月12日(土)より全国公開される。第90回アカデミー賞&第75回ゴールデン・グローブ賞をはじめ、107の映画賞にノミネート57受賞されている話題作。メガホンをとるのは、全編iPhoneで撮影した『タンジェリン』(’15)が記憶に新しい“鬼才”ショーン・ベイカー監督だ。

世界最大の夢の国「ディズニー・ワールド」
その隣には職なし・家なしの家族が住んでいた
物語の舞台は、世界屈指の観光地「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」があるアメリカ・フロリダ。鮮やかなブルーの空、カラフルなギフトショップ。どこか現実離れした “夢の国”の近くには、その煌びやかさとは裏腹に、普通のアパートに入居することができない人々が暮らす安モーテル街があった。

主人公は、その日暮らしを送る6歳の少女・ムーニーとシングルマザーのヘイリー。一泊約40米ドルで宿泊可能な安モーテルは、永住の住まいを確保できない彼女たちにとって避難所のような存在だ。職なし、家なしの状態で必死に生きる“たった2人の家族”を中心に、ひと夏の物語が描かれる。

社会の片隅で生きる人々をカラフルに描く、ショーン・ベイカー監督
監督・脚本はショーン・ベイカー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.