くらし情報『“氷の楽器”を操る唯一無二の音楽家、テリエ・イースングセットの東京公演が開催』

“氷の楽器”を操る唯一無二の音楽家、テリエ・イースングセットの東京公演が開催

2018年2月9日 22:20
 

関連リンク

・"ユニークなカフェ"が増えてます♪色んな体験ができるカフェに行ってみよう!
・三宅健、スタインベック名作『二十日鼠と人間』主演 「新たな自分に」
・「世界一受けたい授業 THE LIVE」のスペシャルアンコールで、恐竜が目の前に!
“氷の楽器”を操る唯一無二の音楽家、テリエ・イースングセットの東京公演が開催

氷から削りだした楽器を使用するミュージシャン、テリエ・イースングセット(Terje Isungset)の東京公演が、2018年2月19日(月)・20日(火)の2日間、東京・大田区の大田区民ホールアプリコ、ギャラリー南製作所にて開催される。

“氷の楽器”を操る唯一無二のミュージシャン
ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロも出席した、2017年のノーベル賞授賞式での氷の楽器による演奏が話題となったテリエ・イースングセット。1999年にアイス・ミュージックを世界で初めて演奏、現在でも氷の楽器を制作・演奏する世界で唯一の人物だ。

打楽器やホルンなど様々な楽器を制作
使用する楽器は、打楽器やチャイム、ホルンのような形状をしたものまで様々。特にマウスピースに当たる部分に口を直接当てなければいけない楽器は、当然徐々に溶け出していくため、その音色は刻々と変化していく。

演奏に使用する楽器は公演直前に削り出す
演奏に使用される氷の楽器は、全て自身の手によって公演の直前に氷から切り出して楽器に作り上げていく。そのため、公演後には楽器はすべて溶けて水となってしまう。

氷の楽器の音色には、ミネラル分の多い自然水が適しており、北欧では氷河や湖の氷を切り出して楽器を製作するというテリエ。今回の東京公演では、東京を代表する銘酒「澤乃井」の小澤酒造が、秩父古生層の岩盤を掘り抜いた洞窟の奥から湧き出る仕込み水500Lを特別に提供。彼はこれを-18°Cに冷却した氷柱から楽器を作り出して、今回の東京公演に挑む。

公演情報
テリエ・イースングセット 東京公演
■2018年2月19日(月)
会場:大田区民ホールアプリコ(小ホール)
時間:18:30開場/19:00開演
チケット価格:全席自由席 一般前売 4,800円、一般当日 5,500円
■2018年2月20日(火)
会場:ギャラリー南製作所
時間:18:30開場/19:30開演
チケット価格:全席自由席(軽食付) 一般前売 4,000円、一般当日 4,500円
※チケットの詳細は「東京の音」公式WEBサイト(http://tokyosounds.jp)より。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.