くらし情報『映画『未来のミライ』細田守監督・脚本 - 甘えん坊の男の子と未来からきた妹の成長を描く』

映画『未来のミライ』細田守監督・脚本 - 甘えん坊の男の子と未来からきた妹の成長を描く

2018年3月5日 11:40
 

関連リンク

・「おっさんずラブ」田中圭、内田理央と副音声第2弾!林遣都との仲良し裏話も
・矢本悠馬「奇跡起こってる」大役のプレッシャー語る<HURRY GO ROUND>
・天才仕立て屋レイノルズの優雅な工房を公開!『ファントム・スレッド』特別映像
映画『未来のミライ』細田守監督・脚本 - 甘えん坊の男の子と未来からきた妹の成長を描く

細田守監督3年ぶりの監督作品、映画『未来のミライ』が、2018年7月20日(金)より全国東宝系にて公開。

細田守監督の最新作は、甘えん坊の男の子と未来からやって来た妹の成長物語
『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』、そして『バケモノの子』。誰もが共感できる普遍的なテーマを、時にリアルに、時にファンタジックに描き、次々にヒット作を世に送り出してきたアニメーション映画監督細田守。彼にとって3年ぶりとなる新作は、主人公である甘えん坊の4歳の男の子・くんちゃんが、未来からやって来た妹・ミライちゃんと出会い、成長していく姿を描くファンタジー作品。今回も、『バケモノの子』同様、細田自らが原作・脚本も担当する。

予告映像には、くんちゃんはじめ登場キャラクターたちが
予告映像では、くんちゃんが未来からやって来たミライちゃんと出会うシーンが映し出されている。そこには、近未来らしき巨大な駅のホームの景色まで。

さらに、耳と尻尾のある、まるで犬のように走り回るくんちゃんをはじめ、くんちゃんに話しかける謎めいた男性、ウインクを投げかける少女、くんちゃんをバイクに乗せて走る青年など、続々と物語のキーとなるキャラクターたちが登場している。

豪華声優陣にも注目
主人公・くんちゃんの声を担当するのは、映画・ミュージカル・CMなど幅広い活躍をみせる新進気鋭の若手女優・上白石萌歌。また、未来からやってくる妹・ミライちゃんを黒木華が務める。なお、黒木はこれまでも細田作品に出演しており、今回が3度目となる。

くんちゃんとミライちゃんの両親として、おとうさん役に星野源、おかあさん役に麻生久美子が抜擢。そのほか、くんちゃんが出会う謎の男を吉原光夫、くんちゃんのばあば役を宮崎美子、じいじ役を役所広司が演じる。

福山雅治アニメーション映画へ初の本格出演
主人公くんちゃんが時をこえた旅先で出会う、キーパーソンとして登場する青年に福山雅治が抜擢された。福山のアニメーション映画への本格的な出演は、本作が初。また、かねてより親交があったという細田と福山、両者の共演も初めてのことだ。今回は、細田が福山と再会したとき、キャスティングが難航していたこの青年役のイメージに、福山の人間性がぴったり当てはまっていると感じたことからオファーをしたという。オープニングテーマ&主題歌に山下達郎
主題歌&オープニングテーマを手掛けるのは、山下達郎細田守とタッグを組むのは、『サマーウォーズ』以来9年ぶり2度目の実現となる。山下達郎自身、映画のオープニングと主題歌の2曲を手掛けるのは初となる試みだ。

オープニングは、アップテンポのポップチューン「ミライのテーマ」。エンディングに起用される主題歌は、現在制作に取り組んでいるという。アニメーションの世界観に合わせて、協議が重ねられたというこの2つの楽曲。山下達郎ワールドが観客を物語へと誘ってくれるだろう。

カンヌ「監督週間」に選出
第71回カンヌ国際映画祭開催期間中、1,609本もの応募作品の中から選ばれた20作品のみが公開される「監督週間」に選出。アニメーション作品では唯一上映されることが決まった。なお、「監督週間」は作家性を重視し、映画監督が世界に出て行く登竜門として知られており、過去に日本人からは大島渚北野武が選ばれている。

原作小説『未来のミライ』発売
角川文庫より、細田守監督自らが執筆した原作小説『未来のミライ』が映画公開に先駆けて、 6月15日(金)に発売される。また、児童文庫レーベルの角川つばさ文庫やライトノベルレーベルの角川スニーカー文庫からも順次発売される。

ストーリー
とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。
ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。
両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。
そんな時、くんちゃんが出会ったのは、
未来からやってきた妹、ミライちゃんでした。
このちょっと変わったきょうだいが織りなす物語。
それは、誰も観たことのない、
小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした―。

作品詳細
『未来のミライ
公開日:2018年7月20日(金)より全国東宝系
監督・脚本・原作:細田守
作画監督:青山浩行秦綾子
美術監督:大森崇、髙松洋平
プロデューサー:齋藤優一
企画・製作:アニメーション映画制作会社 スタジオ地図

■前売り券情報
発売開始日:4月13日(金)
※前売券1枚購入につき、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』5作品のポスタービジュアルを使用した、ポストカードセットをひとつプレゼント。1セット5枚入り、サイズは5枚とも同一。
※特典は非売品、また劇場により数に限り有る為、終了となる可能性有。(全国合計5万名限定)
※前売券販売劇場は、映画『未来のミライ』公式サイトで公開。
※詳細は劇場スタッフまで。

■原作小説
『未来のミライ
著:細田守
発売日:2018年6月15日(金)
定価:560円+税
発行:KADOKAWA 角川文庫刊
※児童文庫レーベルの角川つばさ文庫からは6月30日(土)に発売予定、ライトノベルレーベルの角川スニーカー文庫からは7月1日(日)に発売予定。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.