くらし情報『イッセイ ミヤケ 2018年秋冬コレクション - 春に向けて目覚める命をニットの遊びが表現する』

イッセイ ミヤケ 2018年秋冬コレクション - 春に向けて目覚める命をニットの遊びが表現する

2018年3月6日 03:15
 

関連リンク

・佐藤二朗、福田雄一作品で初の涙シーンに「役者だわ!」
・シンプルなトップスをおしゃれに着こなす!こなれ感のあるコーディネート15選
・大人シック“グレーTシャツ”コーデ…オフィスウケ抜群の着こなし3選 | デイリーアイテム着回し3Days #72
イッセイ ミヤケ 2018年秋冬コレクション - 春に向けて目覚める命をニットの遊びが表現する

イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)の2018-19年秋冬コレクションが、フランス・パリにて2018年3月2日(金)に発表された。

コレクションノートに記されたテーマは「サイレント エナジー」。厳しい冬に息を潜めていた命が再び芽吹いていくエネルギーを、螺旋を思わせる有機的なディテールのニット、徐々に力強さを増して行くカラーパレットにより表現した。

一面の銀世界を想起させる、オールホワイトのルックからショーは始まる。柔らかなモヘアははらはらと舞い積もる繊細な新雪を思わせた。雪解けを示すかのように、重く重ねられていたレイヤードは徐々に薄くなって行き、ホワイトルックの終わりには大地の色であるオレンジかかった茶が現れた。

雪解け水が大地を奔る。カラーパレットにはブラウンと深い青が足され、水の流れを感じさせる曲線が織りや縫製によって立体的にピースに落とし込まれた。多く登場したニッカポッカのように下部が膨らんだパンツは、テキスタイルの錯視効果により、ライン以上に大胆なシェイプに見える。

ショーの終盤にはエナジェティックなネオンカラーが花のようにルックに綻んで行く。染め上げられた糸によるステッチは横のラインを強調し、相反するテキスタイルの縦の模様が見るものの目を惑わせる。混沌とした状態をあえて作ることで、自然の制御できない力強さを表現しているようにも感じられた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.