くらし情報『ザ ダラス 2018-19年秋冬コレクション - 自分自身を見つめ直す強さを持った女性に』

ザ ダラス 2018-19年秋冬コレクション - 自分自身を見つめ直す強さを持った女性に

2018年3月22日 23:00
 

ザ ダラス 2018-19年秋冬コレクション - 自分自身を見つめ直す強さを持った女性に

ザ ダラス(THE Dallas)の2018年秋冬コレクションが、「Amazon Fashion Week TOKYO 2018 A/W」1日目の2018年3月19日(月)、東京・渋谷ヒカリエにて発表された。

テーマは自分を見つめ直す「ミラー」
初めてとなるショー形式でのコレクション発表。ブランドの立ち上げから2年を経て、自分自身を見つめ直したいという気持ちから、コレクションには“ミラー”というテーマが掲げられた。

ショーは3部構成自分自自身を見つめる第1部
3部形式で行われたショーの1幕目は、リラックスしたムードに包まれている。カラーは、ベージュやオリーブ、ブラウンといったナチュラルなアースカラーが中心だ。また、ケーブル編みのニットベストや、ボリュームのあるニットドレス、フィットシルエットのニットパンツなど、ニットのアイテムが多く登場してリラックスした雰囲気を作り出した。

ニットの凸凹したマチエールは立体感に富んでいるが、ニット以外の布帛製品も、奥行き感を見せる加工がされている。表面に毛羽立ち加工を施したものや、フリンジ装飾をあしらったもの、カーリーヘアのウールを用いたものなどがその例だ。そのような素材感はどこか民族的で原始的な印象を与え、デザイナーが1部に設けた、自分の原点を見つめるリラックスした気分を表現した。

自分の暗い部分を表した第2部
第2部では、自分自身の中に潜む暗い部分を表現。黒と白に統一されたワードローブが、色のない暗い感情を暗示している。スタイリングも、ワンピース1着のみだったり、ベーシックなスーツスタイルだったりと、シンプルにまとめられている。そういったスタイリングの中で際立ったのが、ブランドの原点でもあるアクセサリーの数々。とりわけ、これまでに1万個を販売してきたというイヤリングは、コレクションに登場した35体全てに異なるものが身につけられた。

ハッピーな気持ちが戻る第3部
暗い2部を乗り越えた第3部では、明るく楽しいムードが戻ってくる。テーマカラーを女性のハッピーな感情を表す“赤”とし、前向きな“白”とともにランウェイを彩った。マチエールは、光沢感のあるシルキーなサテンに変わり、明るく光を反射して幸せな気持ちを伝えてくる。原点に立ち戻る強さを持った女性に似合うワードローブが披露され、ハッピーな雰囲気に包まれてショーは幕を閉じた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.