くらし情報『パメオ ポーズ2018年秋コレクション - もし巨大な地下都市に“地底人”が住んでいたら…』

パメオ ポーズ2018年秋コレクション - もし巨大な地下都市に“地底人”が住んでいたら…

2018年3月26日 20:25
 

関連リンク

・こなれコーデは足元から!大人女子の毎日スニーカーコーデ
・ラップスカートで仕上げる♪軽やか&爽やかな春夏スタイル♡
・定番だからこそおしゃれに着たい!春夏にぴったりな《テーパードパンツ》のカラー別コーデ15選

パメオ ポーズ(PAMEO POSE)は、2018年秋コレクションの発表に伴い、東京・表参道のPolygon表参道にて2018年3月23日(金)にインスタレーションを開催した。

起点となったのは、デザイナーPELIの一つのイマジネーション。中世のヨーロッパ、近未来都市、リゾート地…と想像力とともにこれまで様々なスポットを旅してきたパメオ ポーズが、今季矛先を向けたのはミステリアスな地底世界。“もし巨大な地下都市があったなら…”。ロマンチックだけど刺激的、そんな想像力から生まれたのは、とにかく足の長い地底人たちだった。

インスタレーションの登場人物は、もちろんPELIの手から生まれた地底人。男女カップルで会場に現れたのだが、とにかく足が普通の人の数倍も長い。インパクト抜群なスーパーロングレッグが纏うのは、ダルメシアン柄のパンツとスカートだ。舞台衣装のようなアシンメトリーなスカートはデフォルメされ、前後の長さが極端に異なる。“地底世界ではダルメシアン柄も黒×白じゃないだろう”と想像力を重ねて、スカイブルーやバーミリオン・レッドなど、エッジの効いたアシッドカラーで染め上げた。

上半身はボアのダルメシアン柄アウター。女性役はライダースを解体したようなショートジャケットで、ジップと袖口のスタッズ付きレザーベルトがポイントとなっている。男性役はロングコートで肩の落ちたドロップドショルダーが特徴だ。

弾けるような色彩、揺れ動くテキスタイル。洋服の面白さを存分に楽しむように、彼らは舞う。聞けば、モデルは西洋風竹馬、脚長芸を行うダンスユニットスティルタンゴのダンサーだという。カップルは、奇妙で非現実な世界観を演出するため、時に情熱的に時に切なげな表情をみせ会場を盛り上げるのだった。

インスタレーションに登場したものは、すべて“地底人サイズ”に整えられているが、コレクションルックは“普通の人間サイズ”に変更。もちろんアシッドカラーとダルメシアン柄を象徴的に取り入れいるのは、“地底人ウェア”と同様だ。80’sの香りを纏ったジャンプスーツ、ビショップスリーブのブラウスなど時を越えて登場したクラシックなピースと、メンズライクなサロペット、パンツのセットアップなどのジェンダーを飛び超えたピースなどを交え、様々なジャンルが交差したミックススタイルを提案している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.