くらし情報『イケア×トム・ディクソンの新ソファ「デラクティグ」ライフスタイルに合わせて自由にカスタム』

イケア×トム・ディクソンの新ソファ「デラクティグ」ライフスタイルに合わせて自由にカスタム

2018年4月2日 18:30
 

関連リンク

・思わず目を引く素敵な空間!海外のおしゃれな階段周りのインテリアをご紹介
・プチプラなのに雰囲気抜群♡100均アイテムをアメリカン雑貨にリメイクしよう!
・スカンジナビアの国々に学ぶ。収納と色使いをポイントにした北欧インテリア特集♪

イケア(ikea)から、イギリスのインダストリアルデザイナーであるトム・ディクソン(Tom Dixon)とのコラボレーションソファ「デラクティグ(DELAKTIG)」が登場。2018年4月1日(日)に発売される。

両者が今回のコラボレーションで着目したのは、都市化が進み、コンパクトになった住居スペースでの生活が基本となった現代のライフスタイル。すべてが流動的な現代の世界でも、幅広い用途に柔軟に対応出来るよう、好みや用途によってパーツを足したり、形をかえることが出来るソファ「デラクティグ」が誕生した。

アルミニウム素材のシンプルで美しいプラットフォームが「デラクティグ」のシートベース。サイズは自宅や設置場所の空間に合わせるために3サイズが用意されており、その時々のムードやニーズに応じてカスタマイズが可能。シートベースには、背もたれやカバー、照明、サイドテーブルといったパーツを自由に組み合わせることが出来るので、座り心地や寝心地を調節したり、間仕切りなど新たな機能を付け加えたり、あるいは2人用のくつろげるコーナーにしてみたりと、用途にあわせて自分にぴったりの1台を作りあげよう。

「Tom Dixon社にとって、ソファのようなシーティング家具をやるのは端的に言って難しすぎます。サイズありき、マットレスありきになりすぎるうえ、国ごとに快適性に関する規格・基準が山ほどあるからです。でもイケアはその方面に詳しいし、全部に対応できます。デラクティグに関わる人が多ければ多いほどより優れたものになります」と語るのは、トム・ディクソン

「デラクティグ」というのは、スウェーデン語で「関わり」を意味する言葉だ。ディクソンの言葉にもあるように、今回はあらゆる点での「共創」を実現すべく、世界各地のデザイン学生75人に「デラクティグ」の活用案を募っており、今後はライススタイルに合わせてカスタマイズ出来る専用のアクセサリーも発売される予定となっている。

【商品情報】
イケア×トム・ディクソン「デラクティグ(DELAKTIG)」
発売日:2018年4月1日(日)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.