くらし情報『画家・五木田智央の展覧会「PEEKABOO」が東京オペラシティで - 新作を中心に約40点展示』

画家・五木田智央の展覧会「PEEKABOO」が東京オペラシティで - 新作を中心に約40点展示

2018年4月5日 12:20
 

関連リンク

・USJの「ワンピース・プレミア・サマー」名シーン再現のライブショーやサンジのレストラン
・春の訪れを感じて♪おすすめつつじ園9選
・てぃんぬがーら(天の川)を見に行くアクティビティ付き宿泊プラン

画家・五木田智央の展覧会「五木田智央PEEKABOO」が、2018年4月14日(土)から6月24日(日)まで、東京オペラシティ アートギャラリーで開催される。

イラストレーションと共にそのキャリアをスタートした五木田は、60〜70年代のアメリカサブカルチャーや、アンダーグランドの雑誌や写真にインスピレーションを得た作品を発表している異色の画家。90年代後半にドローイング作品により熱狂的な支持を得て以来、キャンバスにアクリルグワッシュで描くモノクロームの人物画を代表とする作品制作を続け、国内外で高い評価を得ている。

今回開催される展覧会は、新作の絵画、ドローイングを中心に、近年の代表作や、800点以上のドローイングの小品からなる大規模なインスタレーションなど、約40点の作品を通して、画家・五木田智央の魅力を紹介するもの。その半分は新作で、展覧会のメインヴィジュアルにもなっている《Come Play with Me》も、本展のために五木田が新たに描き上げた作品となっている。

また、大のプロレスファンである五木田がこよなく愛するプロレスラーをレコードジャケットのフォーマットに描いた作品も展示。プロレスラーの名前、その似顔絵、実在する有名な楽曲のタイトルなどで構成される全225点の作品《Gokita Records》は、レスラーと楽曲との間にはとくに必然性はなく、その無関係な組み合わせが思わず笑いを誘う、五木田のユーモアと嗜好が詰まった必見の作品だ。

【開催概要】
五木田智央PEEKABOO」
開催期間:2018年4月14日(土)〜6月24日(日)
会場:東京オペラシティ アートギャラリー
開館時間:11:00〜19:00(金・土は20:00まで/最終入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(ただし4月30日は開館)
入場料:一般 1,200(1,000)円、大・高生 800(600)円、中学生以下 無料
※( )内は15名以上の団体料金。
※同時開催「収蔵品展062 日常生活|相笠昌義のまなざし」「project N 71 平子雄一」の入場料を含む。
※収蔵品展入場券200円(project N を含む / 割引無し)もあり。
※障害者手帳の所持者および付添1名は無料。※割引の併用および入場料の払い戻しは不可。

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.