くらし情報『『若おかみは小学生!』人気児童文学が劇場版アニメに、監督は高坂希太郎&脚本は『聲の形』の吉田玲子』

『若おかみは小学生!』人気児童文学が劇場版アニメに、監督は高坂希太郎&脚本は『聲の形』の吉田玲子

2018年4月10日 14:20
 

『若おかみは小学生!』人気児童文学が劇場版アニメに、監督は高坂希太郎&脚本は『聲の形』の吉田玲子

劇場版『若おかみは小学生!』が2018年9月21日(金)より全国公開される。

人気児童文学シリーズを劇場アニメ化
『若おかみは小学生!』は、「講談社青い鳥文庫」で累計発行部数300万部を誇る、全23巻の人気児童文学シリーズ。

交通事故で両親を亡くした小学6年生の女の子・おっこは、祖母の経営する旅館“春の屋”に引き取られ、ひょんなことから若おかみとしての修行を始めることに。旅館に住みつくユーレイ少年・ウリ坊や、転校先の同級生でライバル旅館の跡取り娘・真月らに助けられながらも、次々とやってくる変わった“お客さま”をもてなすために、若おかみとして日々奮闘していく。おっこがエネルギッシュに成長していく過程を描いた、笑いあり涙ありのストーリーとなっている。

また、『若おかみは小学生!』は、2018年4月8日(日)よりテレビ東京6局ネットでTVアニメーションとして放送を開始。劇場版では、原作でもテレビシリーズでも描かれなかった両親とおっこの物語を描いていく。

小林星蘭水樹奈々、松田颯水など声優キャスト
声優キャストとして、主人公・おっこ(関織子)役は映画『SP THE MOTION PICTURE』にも出演していた小林星蘭が務める。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.