くらし情報『映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ×GACKT、魔夜峰央の伝説的“埼玉ディス”漫画が実写化』

2018年4月12日 13:25

映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ×GACKT、魔夜峰央の伝説的“埼玉ディス”漫画が実写化

映画『翔んで埼玉』二階堂ふみ×GACKT、魔夜峰央の伝説的“埼玉ディス”漫画が実写化

魔夜峰央の漫画『翔んで埼玉』の実写映画化が決定。2019年2月22日(金)より全国ロードショー。

魔夜峰央の伝説的“埼玉ディス”漫画が実写化
原作の『翔んで埼玉』は、『パタリロ』(1978)などで一世を風靡した漫画家・魔夜峰央が1982年に発表したコメディ漫画。2015年には『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)として30年ぶりに単行本として復刊され、それをきっかけにテレビ番組SNS、インターネットなどメディアで多数取り上げられ、再び反響を呼んだ。

話題を呼んだ理由の1つは、作品発表当時に住んでいた埼玉を題材にした「埼玉から東京に行くには通行手形がいる!」「埼玉県民はそこらへんの草でも食わせておけ!」「埼玉狩りだー!」などの徹底的な“埼玉ディス”。後に続く“地方ディスマンガ”ブームのきっかけでもある。ただし、当の上田清司埼玉県知事からは、「悪名は無名に勝る」と県公認?のお墨付きコメントを得ている。

原作あらすじ
かつて埼玉県民は東京都民からひどい迫害を受け、身を潜めて暮らしていた。ある日、東京でトップの高校・白鵬堂学院の生徒会長で東京都知事の息子・壇ノ浦百美(だんのうらももみ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.