くらし情報『映画『スパイナル・タップ』日本初公開『スタンド・バイ・ミー』のロブ初監督作、架空バンドの再起を追う』

映画『スパイナル・タップ』日本初公開『スタンド・バイ・ミー』のロブ初監督作、架空バンドの再起を追う

2018年5月24日 21:10
 

映画『スパイナル・タップ』日本初公開『スタンド・バイ・ミー』のロブ初監督作、架空バンドの再起を追う

映画『スパイナル・タップ』が2018年6月16日(土)より新宿武蔵野館他で全国ロードショー。『スタンド・バイ・ミー』『恋人たちの予感』『ミザリー』などでメガホンを取った、ロブ・ライナー監督の初監督作品がついに日本初公開となる。

『スタンド・バイ・ミー』 ロブ・ライナーの初監督作
映画『スパイナル・タップ』は、ロブ・ライナー監督の初監督作品。今なお多くのファンを虜にする『スタンド・バイ・ミー』を1986年に生み出したロブが、その2年前1984年に手掛けた作品だ。

『スパイナル・タップ』は、モキュメントリーと呼ばれる映画ジャンルの草分け的存在。ロック映画を対象にしたロック・モキュメントリーというくくりでは、映画史上に残る金字塔作品として知られている。

「架空」のロックバンドの再起を描く
描くのは、「架空」のロックバンド「スパイナル・タップ」の姿。1960年代にデビューし一度一世を風靡したとされるイギリス発のバンドの20年後80年代の姿を映し出す。

「カルト・ムービー・トップ50」「歴代ロック映画トップ10」「ロックンロール映画オールタイムベスト 100」」で第1位を取ながらも、日本では劇場未公開だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.