くらし情報『星野リゾート リゾナーレ熱海、夏の夜限定の樹上アスレチック「空中きもだめし」を開催』

2018年6月8日 13:05

星野リゾート リゾナーレ熱海、夏の夜限定の樹上アスレチック「空中きもだめし」を開催

星野リゾート リゾナーレ熱海、夏の夜限定の樹上アスレチック「空中きもだめし」を開催

星野リゾート リゾナーレ熱海が、ホテルに隣接する「森の空中基地くすくす」にて、2017年に続き2回目となる「空中きもだめし」を開催する。期間は2018年7月28日(土)から8月19日(日)まで。

本イベントは、通常は日中のみ体験可能なアスレチック「森の空中散歩」を夜にオープンして作られた、期間限定のきもだめしとなっている。舞台は地上9mの高さに作られた樹上アスレチック「森の空中散歩」や、樹齢300年の楠の上に佇むツリーハウス。暗闇に包まれた森の中を進むことで、昼間に比べより多くのスリルが味わえる。家族との夏の思い出作りにぴったりな恐怖体験が味わえる内容となっている。

そして、2年目となる今回の「空中きもだめし」では、ツリーハウスで恐怖心を高める動画上映が事前に行われるなど、さらなる恐怖体験が追加。暗幕を使った真っ暗な恐怖スポットをくぐり抜けたり、足元が不安定な場所にお化けが出現するなど、恐さが倍増するたくさんの仕掛けが用意されている。

また、前回好評だった本イベントは、実施期間を昨年より長い23日間に設定。多くの方を受け入れることを可能にした。「空中きもだめし」で、忘れられない夏休みの思い出を作ってみてはいかがだろうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.