くらし情報『「明治の夢二」展 - 竹久夢二の"大正ロマン"の基となる作品など約200点、竹久夢二美術館で』

「明治の夢二」展 - 竹久夢二の"大正ロマン"の基となる作品など約200点、竹久夢二美術館で

2018年7月14日 10:20
 

「明治の夢二」展 - 竹久夢二の"大正ロマン"の基となる作品など約200点、竹久夢二美術館で

画家・竹久夢二の明治時代の作品に焦点を当てた展示「明治150年記念Ⅰ 明治の夢二」が、2018年9月24日(月・祝)まで東京・竹久夢二美術館にて開催される。

竹久夢二とは
竹久夢二は、美人画で一世を風靡した大正ロマンを代表する画家。明治38年の22歳にデビューして以来、新聞の飾り絵である"コマ絵"や挿絵を数多く発表し、センチメタルな画風の<夢二式美人画>を確立した。また画壇に属さなかった人物としても知られており、独自の画風で日本の郷愁と⻄欧のモダニズムを自由に表現。日本画・水彩画・油彩画・木版画制作など、多岐に渡るジャンルで多彩な才能を開花させた。

明治時代の作品を中心に
「明治150年記念Ⅰ 明治の夢二」では、そんな竹久夢二の作品を、最初期のものから約200点を一堂に集結。大正時代の作品のイメージが強い画家にとって、初めて明治時代の作品に焦点を当てた展示となる。

見どころとなるのは、大正時代の代表作の基となる明治の作品群。「夢二式美人」のモデルとなった女性"他万喜"の写真や、大正時代に流行歌となる「宵待草」の原詩や作品が公開される。また恋多き男であった竹久夢二は、いずれの作品も自分の経験を基にして絵や詞を作成。「夢二式美人」の"他万喜"は、竹久夢二が唯一結婚した女性。そして「宵待草」の歌詞には、自身の恋エピソードを取り入れている。

作品から観察する明治のファッション
作品を鑑賞する上で注目してほしいのは、それぞれの絵画から垣間見れる当時のファッションや文化だ。例えば「風光る」では、明治時代の女学生の間で流行した大きなリボンが描かれ、その少女の腕の中には当時"ウサギバブル"になるほど人気を博したウサギが描かれている。

会場では、そのほか大正・昭和期の同作者の作品もコンパクトに展示。竹久夢二の初期から晩年にかけてまでその作品の変遷を辿ることが出来る。

【開催概要】
「明治150年記念Ⅰ 明治の夢二」
期間:2018年7月1日(日)~9月24日(月・祝)
休館日:月曜日
※ただし7月16日(月・祝)、8月13日(月)、9月17日(月・祝)、24日(月・祝)は開館、7月17日(火)、9月18日(火)は閉館
開館時間:10:00~17:00
住所:東京都文京区弥生2-4-2
電話:03-5689−0462
入館料:一般900円、大・高校生800円、中・小学生400円
*弥生美術館と二館併せて閲覧可*20名以上の団体は100円割引適用

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.