くらし情報『チリー・ゴンザレスのドキュメンタリー映画『黙ってピアノを弾いてくれ』狂気の天才ピアニストの魅力とは』

チリー・ゴンザレスのドキュメンタリー映画『黙ってピアノを弾いてくれ』狂気の天才ピアニストの魅力とは

2018年7月14日 12:55
 

チリー・ゴンザレスのドキュメンタリー映画『黙ってピアノを弾いてくれ』狂気の天才ピアニストの魅力とは

ピアニストのチリー・ゴンザレスに迫る音楽ドキュメンタリー映画『黙ってピアノを弾いてくれ』が、2018年9月29日(土)より、渋谷・シネクイントほか全国の劇場にて順次公開される。

唯一無二の天才ピアニスト、チリー・ゴンザレス
強烈なキャラクターと、クラシック、ジャズで培った演奏技術&唯一無二の音楽性で、多くの有名アーティストから熱狂的支持を集める天才ピアニスト、チリー・ゴンザレス。ピアニストだけでなく、作曲家、そして稀代のエンターテイナーでもあるゴンザレスは、2014年にはダフト・パンクのアルバム「Random Access Memories」に参加し、同作はグラミー賞最優秀アルバムを受賞。

ほかにも、レイクやファイストといったトップアーティストたちへの楽曲提供やプロデュース、iPadのテレビCM使用曲として知られる「Never Stop」の世界的ヒット、27時間連続でライブ演奏するというギネス記録、ミュージシャンとしての偉大なショーマンシップと、彼の魅力を象徴するエピソードの数々は枚挙に暇がない。

その魅力すべてに迫るドキュメンタリー
90年代後半以降にカナダからドイツへと渡り、挑発的で破天荒な生き様で注目を浴びた彼の軌跡、そして、狂気とも呼ばれる言動や、ウィーン放送交響楽団のオーケストラをバックにラップする破天荒な姿からは想像がつかない、ピアノの音色の美しさ。本作では、音楽ドキュメンタリー映画という形で、唯一無二の天才ピアニスト、チリー・ゴンザレスの魅力に迫る。

ウィーン放送交響楽団をバックにラップ?異色パフォーマンスも収録
作中には、ゲストミュージシャンとしてアルバム「Random Access Memories」の制作に携わったダフト・パンク、2017年に共同制作のアルバム「Room 29」をリリースしたパルプのジャーヴィス・コッカーらとの共演や、前述のウィーン放送交響楽団との驚愕パフォーマンスも収録している。

9月7日(金)には、大ヒットシリーズの最終章となるニューアルバム「Solo Piano III」のリリースを控えているチリー・ゴンザレス。その名前を全く知らない人でも楽しめるような彼の魅力が詰まった本作は、“ゴンゾ入門編”としても最適かもしれない。

作品情報

映画『黙ってピアノを弾いてくれ』
公開日:2018年9月29日(土)
監督:フィリップ・ジェディッケ
製作:スティーヴン・ホール『MR.LONG/ミスター・ロン』、アントワネット・コスター
撮影:マルクス・ウィンターバウアー、マルセル・コルベンバッハ
編集:ヘンク・ドリース
出演:チリー・ゴンザレス、ピーチズ、トーマ・バンガルテル(ダフト・パンク)、ファイスト、ジャーヴィス・コッカー、ウィーン放送交響楽団ほか
原題:SHUT UP AND PLAY THE PIANO
© RAPID EYE MOVIES / GENTLE THREAT

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.