くらし情報『展覧会「カール・ラーション スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家」新宿で、絵画や資料約100点集結』

2018年7月23日 18:25

展覧会「カール・ラーション スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家」新宿で、絵画や資料約100点集結

展覧会「カール・ラーション スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家」新宿で、絵画や資料約100点集結

展覧会「カール・ラーション スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家」が、新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館にて2018年9月22日(土)から12月24日(月・休)まで開催される。

スウェーデン・インテリアに影響を与えた“理想の暮らし”
カール・ラーションは、家族を題材にして日々の暮らしを描いたスウェーデンの画家。スウェーデンのダーラナ地方に通称「リッラ・ヒュットネース」と呼ばれる伝統的な家を手に入れたカールは、妻とともに、家を美しく理想的に改装。ラーション一家の牧歌的な生活を水彩画やエッセイに表現し、画集『わたしの家』に収録して出版した。「リッラ・ヒュットネース」におけるカールの暮らしぶりは、現在のスウェーデン・インテリアにも深く影響を与えている。

日本初公開作品を含む約100点の資料が集結
日本では1994年以来24年ぶりの回顧展となる「カール・ラーション スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家」では、油彩画、水彩画、リトグラフ、エッチングなどの絵画約50点をはじめ、ラーション夫妻がデザインした家具や日本美術のコレクション、画家であった妻カーリンのテキスタイルなど、日本初公開作品を含む資料約100点が集結。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.