くらし情報『吉岡徳仁「ガラスの茶室 - 光庵」日本を巡回、19年4月より国立新美術館で屋外展示』

2018年8月30日 14:50

吉岡徳仁「ガラスの茶室 - 光庵」日本を巡回、19年4月より国立新美術館で屋外展示

吉岡徳仁「ガラスの茶室 - 光庵」日本を巡回、19年4月より国立新美術館で屋外展示

吉岡徳仁「ガラスの茶室 - 光庵」が、日本を巡回。2019年4月17日(水)から2021年5月10日(月)までは、国立新美術館 正面入口前に展示される。

吉岡徳仁は、デザイン、建築、現代美術など、幅広い領域において活動するデザイナー。これまで、自然と人間の関係性に着目して光がもたらす感覚を追求し、独自の手法で作品を表現してきた。2011年にイタリア・ヴェネツィア ビエンナーレ国際美術展にて発表された「ガラスの茶室 – 光庵」は、2015年に京都の将軍塚青龍殿の大舞台でも披露され、大きな反響を呼んだ作品だ。

2018年11月から2019年2月までの佐賀県立美術館における九州初展示を経て、4月17日(水)から「ガラスの茶室 – 光庵」が東京へ。国立新美術館では屋外に設置されるため、降り注ぐ太陽の光により水面のような輝きを生み出したり、クリスタルプリズムの彫刻から放たれる光が虹となり「光の花」が現れたり...と自然光のもとで変化する様々な表情を楽しむことができる。

さらに、パリ・オルセー美術館にコレクションされているガラスのベンチ「Water Block」も併せて公開される。

【詳細】
国立新美術館 特別公開「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.