くらし情報『「21st DOMANI・明日展」を国立新美術館で開催 - 若手アーティスト10名が集結』

2018年9月23日 10:45

「21st DOMANI・明日展」を国立新美術館で開催 - 若手アーティスト10名が集結

「21st DOMANI・明日展」を国立新美術館で開催 - 若手アーティスト10名が集結

「21st DOMANI・明日展」を国立新美術館にて開催。会期は、2019年1月23日(水)から3月3日(日)まで。

若手の芸術家が海外で研修するのを支援する文化庁の「芸術家在外研修」は、1967年から50年以上実施され、日本のアートを支える多くの若者たちを育ててきた。「21st DOMANI・明日展」では、そんなアートの”明日”を創るアーティストたちが、海外での研修の成果を発表する展覧会だ。

本展のサブタイトルは、「元号と西暦のはざまで」もしくは「平成の終わりに」。平成最後となる年に、昭和の終わりに生まれ、平成に育てられたアーティストたち9名が作品を紹介する。彼らの作品は、映像から写真、インスタレーションに絵画まで実に多様でユニーク。学んできた国も、フランスやアメリカ、モロッコなど様々だ。”昭和”と”平成”、そして”日本”と”海外”など、あらゆるはざまに存在する彼らの作品を是非鑑賞してみては。

さらに、ゲスト作家として三瀬夏之介が登場。和紙や墨を用いた彼の作風は、そのルーツに日本画を彷彿とさせながらも、同時に現代的な佇まいだ。イタリア・フィレンツェでの滞在制作経験を持ち、その独特の神秘性は、海外でも評価されている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.