くらし情報『東京ドームシティ、”和風”をテーマにしたイルミネーション - 花火や江戸切子をイメージ』

2018年10月19日 18:00

東京ドームシティ、”和風”をテーマにしたイルミネーション - 花火や江戸切子をイメージ

東京ドームシティ、”和風”をテーマにしたイルミネーション -  花火や江戸切子をイメージ

「東京ドームシティ ウィンターイルミネーション 〜江戸の粋・日本の華〜」が、2018年11月7日(水)から2019年2月17日(日)まで開催される。

「東京ドームシティ ウィンターイルミネーション 〜江戸の粋・日本の華〜」では、”和風”をテーマにしたイルミネーションが東京ドームシティ全域を華やかで粋に彩る。江戸時代から続く伝統工芸「江戸切子」をイメージした作品も登場。幾何学的な和模様を光で表現した切子のデザインは、人の動きに合わせて、万華鏡のように模様が変化するロマンチックな演出を用意する。

その他にも、高さ約6mの鶴と風船で彩られた光り輝く「折紙」のツリーも登場。全長100mの「花火」をモチーフにしたイルミネーションは、点火スイッチを押すと花火が打ち上がるユニークな仕掛けに立っている。

さらに、期間中は、東京ドームシティ内の多数の店舗で、”和”をイメージした限定グルメが提供される。ホットドッグ専門店「HOT DOG STAND」では、和柄の傘の飾りをトッピングした「茶ぱふぇ」を限定で販売。イルミネーションを楽しんだ後は、東京ドームホテルのバー「2000」でイルミネーションの限定カクテルを飲みながら、贅沢な時間を過ごしてみて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.