くらし情報『まとふ 2019年春夏コレクション - 津軽の伝統技術“こぎん刺し”の刺子に想いを馳せて』

2018年10月19日 21:30

まとふ 2019年春夏コレクション - 津軽の伝統技術“こぎん刺し”の刺子に想いを馳せて

まとふ 2019年春夏コレクション - 津軽の伝統技術“こぎん刺し”の刺子に想いを馳せて

まとふ(matohu)の2019年春夏コレクションが、「Amazon Fashion Week TOKYO 2019 S/S」2日目の2018年10月16日(火)、東京・渋谷ヒカリエにて発表された。

ブランド“第3章”がスタート
昨シーズン、日本の美意識をコンセプトに2010年よりスタートしたシリーズ「日本の眼」が完結したまとふ。今季、新たなシリーズの開幕として発表の場に選んだのは、映像+プレゼンテーション形式という真新しい手法だ。

物語の始まりは、青森・津軽
オープニングを飾ったのは、大画面で映し出されたドキュメンタリー映像。「手のひらの旅」と冠した今回のプロジェクトの舞台は、青森・津軽。そこでは麻の粗い目に糸を通して、繊細な幾何学模様を描く“こぎん刺し”が、江戸時代から伝わる伝統技術として親しまれている。そしてその美しさに魅了されたデザイナーの堀畑裕之関口真希子が、実際に刺し子が作業をする現場を訪れて、今季のコレクションとなるデザインのアイディアを膨らませていくというストーリーだ。

3人のモデルによるプレゼンテーション
映像が終了すると、会場に現れたのは3人のモデル。伝統を守り続ける刺子との交流を通して生まれたアイディアが、全く異なる雰囲気を持つ3パターンのクリエイションとなって視覚化される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.