くらし情報『ウィーウィル 2019年春夏コレクション - ある画家の一生に寄り添う衣服とは』

2018年10月21日 21:55

ウィーウィル 2019年春夏コレクション - ある画家の一生に寄り添う衣服とは

ウィーウィル 2019年春夏コレクション - ある画家の一生に寄り添う衣服とは

ウィーウィル(WEWILL)は、2019年春夏コレクションを、2018年10月18日(木)に表参道ヒルズ・スペースオーで発表した。

「ある画家の一生」をイメージ
今シーズンイメージしたのは、「ある画家の一生」。“自分がもし画家だったら?”という想定のもと、ベーシックな紳士服を丁寧に仕立て、画家の道具を収納するためのディテールをプラスしている。

キャンバスを持ち運ぶトートバッグには“The bag contains will”というメッセージを刻印。また、ポケットにデッサン人形を入れたり、首から絵筆を提げたりと、絵とともに人生を歩んでいく人の日常に寄り添うスタイリングが展開された。

絵の具のような白のジャケット
カラーパレットは、淡く落ち着きのあるホワイトやベージュ、アイボリーにシックなブラック。絵の具のペーストのような厚みを感じさせる白で彩られたワークジャケットは、全体的にゆったりとしたシルエットが印象的。大き目のポケットや、バサリと羽織ることのできるラフな表情が、リラックスしたムードを描き出す。組み合わせた、真っ白な色味のクリーンなシャツやパンツは、清涼感を演出した。

丁寧な仕立てと素材の表情
素材をできるだけ加工せず、またしっかりとした仕立てで服を作りたい、というデザイナー・福薗英貴の言葉通り、ストレートな表現や、まっさらな素材の表情を感じ取れるピースが散見された。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.