くらし情報『「目黒川みんなのイルミネーション2018」山手線内側最大級、約40万個のLED輝く“冬の桜”が満開に』

2018年10月26日 11:30

「目黒川みんなのイルミネーション2018」山手線内側最大級、約40万個のLED輝く“冬の桜”が満開に

「目黒川みんなのイルミネーション2018」山手線内側最大級、約40万個のLED輝く“冬の桜”が満開に

「目黒川みんなのイルミネーション2018」が、2018年11月9日(金)から2019年1月6日(日)まで開催される。

約40万個のLEDが輝く“冬の桜”
「目黒川みんなのイルミネーション」は、地域の家庭や飲食店から集めた廃食油をリサイクルし、電力に活用する「100%エネルギーの地産地消」のイルミネーション。今では、目黒川の冬の風物詩として知られている。今回も、昨年より引き続き品川区との同時開催となり、山手線内側最大規模となる両岸合計の総延長が約2.2kmにも及ぶ光が街を彩る。

「目黒川みんなのイルミネーション」が最も魅力とするのは、桜色に輝くLEDが織りなす“冬の桜”。今年は約40万個のLEDで満開の“冬の桜”を表現し、目黒川の水面に、春とはまた違う美しい景色を映し出す。

アウトドアドームを設置
また、昨年に引き続きお花見スポットとなる、ドイツ生まれのアウトドアドーム「ガーデンイグルー」も登場。寒い冬に天候を気にせずゆったりと“冬の桜”のお花見ができるよう、内装の異なる3基のガーデンイグルーを設置する。

シャンドンを片手にクルージング も
2019年1月4日(金)までは、スパークリングワイン“シャンドン(CHANDON)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.