くらし情報『「アール・ヌーヴォーの伝道師 浅井忠と近代デザイン」名古屋で、ミュシャら当時の美術品と浅井作品の魅力』

2018年10月29日 12:35

「アール・ヌーヴォーの伝道師 浅井忠と近代デザイン」名古屋で、ミュシャら当時の美術品と浅井作品の魅力

会場では、浅井や建築家武田五一がパリで目にしたであろうアール・ヌーヴォーのポスター、そして、彼らがフランスから持ち帰り、京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)の教材にしていた貴重なポスターを展示する。

アール・ヌーヴォーの陶器・ガラス工芸の数々も展示。浅井らが、フランスから持ち帰り、京都高等工芸学校の教材として使用していた貴重な陶芸作品、そして、パリ万博で目にしたであろうガレやティファニーのガラス工芸作品も公開される。浅井がパリ万博で衝撃を受けた、当時のヨーロッパの工芸の実情に迫る内容となっている。

【開催概要】
アール・ヌーヴォーの伝道師 浅井忠と近代デザイン
会期:2018年11月17日(土)~2019年2月17日(日)
会場:ヤマザキマザック美術館
住所:愛知県名古屋市東区葵1-19-30
TEL:052-937-3737
開館時間:平日 10:00~17:30 、土日祝祭日 10:00~17:00 (入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日休館)、 年末年始(12月29日~1月4日)
入館料:一般 1,300円(10名以上1,100円)、小・中・高生600円、 小学生未満無料
※音声ガイド無料サービス有

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.