くらし情報『英国ロックフェス「ダウンロード・フェスティバル」日本初上陸、幕張メッセで19年3月開催』

2018年11月10日 21:10

英国ロックフェス「ダウンロード・フェスティバル」日本初上陸、幕張メッセで19年3月開催

英国ロックフェス「ダウンロード・フェスティバル」日本初上陸、幕張メッセで19年3月開催

イギリスのロック・ミュージックの祭典「ダウンロード・フェスティバル」が日本初上陸。「ダウンロード ジャパン 2019」が、2019年3月21日(木・祝)、千葉・幕張メッセにて開催される。

「ダウンロード・フェスティバル」とは
「ダウンロード・フェスティバル」は、80年代からロックと関係の深いイギリスのドニントン・パークにて実施されているロック・ミュージックの祭典。5日間に渡る世界最大級のこのキャンプ型ビッグ・フェスには、ロック、パンク、メタル、ハードコア、クラシックロックなど多彩なジャンルのバンドと、数万人ものファンが集う。

参加するアーティストは、ロックやメタルを象徴する世界的バンドから、新人バンドまで様々。これまでにはエーシー・ディーシー(AC/DC)、キッス(KISS)、メタリカ(Metallica)、ブラック・サバス(Black Sabbath)、ザ・プロディジー(The Prodigy)、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(Rage Against The Machine)、スリップノット(Slipknot)、リンキン・パーク(Linkin Park)などがヘッドライナーを務めてきた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.