くらし情報『映画『決算!忠臣蔵』堤真一&岡村隆史、金欠に悩むリーダーを描く"予算達成"エンタメ時代劇』

2018年12月17日 15:30

映画『決算!忠臣蔵』堤真一&岡村隆史、金欠に悩むリーダーを描く"予算達成"エンタメ時代劇

映画『決算!忠臣蔵』堤真一&岡村隆史、金欠に悩むリーダーを描く"予算達成"エンタメ時代劇

映画『決算!忠臣蔵』が、2019年11月22日(金)に全国の劇場で公開される。

「忠臣蔵」の"仰天秘話"を描く
時代劇では年末の風物詩としても知られる「忠臣蔵(ちゅうしんぐら)」。江戸城・松の廊下で人傷騒ぎを起こし、その責任で切腹させられた赤穂藩君主・浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)の敵討ちをするため、47人の藩士達が宿敵・吉良上野介(きらこうずけのすけ)に仇討する「武士の美談」とも言える物語だ。

これまでに数多くのドラマ、映画、舞台、歌舞伎で上映・上演され、多くの日本人に愛されてきた「忠臣蔵」。映画『決算!忠臣蔵』では、この国民的ストーリーに隠されていた"仰天秘話"を描く。

原作は、江戸時代研究の第一人者である、東大教授・山本博文による新書『「忠臣蔵」の決算書』。大石内蔵助(おおいしくらのすけ)が実際に残した決算書をもとに、討入り計画の実像を記した話題作だ。

監督・脚本は『殿、利息でござる!』『忍びの国』などを手掛けた中村義洋。下から突き上げられ、上に気を遣い、理想は高く持ちたいけれど、容赦なく突きつけられる厳しい現実...これが300年以上前の話なのかと思うほど現代との共通点に溢れる、涙と笑いの予算達成エンターテインメントを描く。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.