くらし情報『映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』東西冷戦下東ドイツ、意図せず国家を敵に回した若者たちの青春』

2018年12月31日 13:00

映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』東西冷戦下東ドイツ、意図せず国家を敵に回した若者たちの青春

映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』東西冷戦下東ドイツ、意図せず国家を敵に回した若者たちの青春

映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』が、2019年5月17日(金)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国の劇場で公開される。

東西冷戦下の東ドイツ、意図せず国家を敵に回してしまった18歳の若者たち
舞台は1956年、東西冷戦下の東ドイツ。列車に乗って西ベルリンの映画館に訪れた主人公のテオとクルトは、ハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュース映像を偶然目の当たりにする。クラスの中心的な存在である2人は、級友たちに呼びかけて授業中に2分間の黙祷を実行。それは、自由を求めるハンガリー市民に共感した彼らの純粋な哀悼だったが、ソ連の影響下に置かれた東ドイツでは“社会主義国家への反逆”と見なされる行為だった。

エリートへの階段を上がるか、労働者として生きる道を選ぶか
やがて当局が調査に乗り出し、人民教育相から1週間以内に首謀者を告げるよう宣告されてしまう生徒たちは、人生そのものに関わる重大な選択を迫られる。それは、大切な仲間を密告してエリートへの階段を上がるのか、それとも信念を貫いて大学進学を諦め、労働者として生きる道を選ぶのかという、究極の二択。

仲間との友情や恋を育みながら、そしてあるときは主張をぶつけ合いながら、人間としての正しき事を模索する若者たち。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.