くらし情報『映画『僕たちのラストステージ』2人組コメディアンの“パイオニア”、実話を元にコンビ愛を描く』

2019年1月7日 11:30

映画『僕たちのラストステージ』2人組コメディアンの“パイオニア”、実話を元にコンビ愛を描く

映画『僕たちのラストステージ』2人組コメディアンの“パイオニア”、実話を元にコンビ愛を描く

映画『僕たちのラストステージ』が、2019年4月19日(金)より新宿ピカデリーほか全国順次公開。

2人組コメディアンの“パイオニア”、実話を元にコンビ愛を描く
映画『僕たちのラストステージ』は、2人組コメディアンの“パイオニア”として知られるアメリカのお笑いコンビ「ローレル&ハーディ」の実話を元に製作。「ローレル&ハーディ」は、日本ではほとんど知られていないが、ハリウッドの映画創成期を支え、100本以上の作品に出演した伝説の名コンビだ。

映画『僕たちのラストステージ』の中では、「ローレル&ハーディ」の晩年にフォーカスを当て、人生を共に歩んできた2人のコンビ愛の物語を描き出す。

ジョン・C・ライリー、第76回ゴールデン・グローブ賞コメディ/ミュージカル部門 男優賞にノミネート
細身のスタン・ローレルを演じるのは、イギリス出身の俳優スティーヴ・クーガン。コメディアン、コメディ作家としてキャリアをスタートさせたスティーヴ・クーガンは、「アラン・パートリッジ」のTVシリーズでイギリス国民から注目を浴びた人物。『ナイト ミュージアム』シリーズ、『ミニオンズ』シリーズなどハリウッド映画でも活躍している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.