くらし情報『映画『居眠り磐音』松坂桃李時代劇初主演 - “時代劇史上最も優しい主人公”に』

2019年2月10日 12:35

映画『居眠り磐音』松坂桃李時代劇初主演 - “時代劇史上最も優しい主人公”に

映画『居眠り磐音』松坂桃李時代劇初主演 - “時代劇史上最も優しい主人公”に

映画『居眠り磐音』が2019年5月17日(金)全国ロードショー。松坂桃李を主演に迎え、佐伯泰英の時代小説『居眠り磐音』を実写映画化。

“平成で最も売れている時代小説”
原作は“平成で最も売れている時代小説”といわれる、佐伯泰英の『居眠り磐音』だ。シリーズ累計発行部数は2000万部突破、しかし、佐伯泰英の作品が映画化されるのは初めての試み。

松坂桃李、時代劇初主演
主演の松坂桃李は、映画『居眠り磐音』にて時代劇初主演を務める。昼間はうなぎ屋、夜は両替屋の用心棒として働く、江戸の浪人・坂崎磐音役を演じる。坂崎磐音は剣の達人ではあるものの、日向ぼっこで居眠りする老猫のような“眠っているのか起きているのかわからない”その独特の剣術から「居眠り剣法」と呼ばれている。人情に厚く、礼節を重んじる“時代劇史上最も優しい主人公”だ。

“全く新しい”時代劇エンターテインメント
磐音が身を寄せる金兵衛長屋の娘・おこん役は、映画『伊藤くん A to E』『羊の木』の木村文乃。また、磐音の許婚として一途に想い続ける奈緒役は、映画『累-かさね-』『今日も嫌がらせ弁当』の芳根京子が担当する。

また、柄本佑・杉野遥亮は、磐音の幼馴染役に。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.