くらし情報『サポートサーフェス 2019-20年秋冬コレクション、ピュアな洋服を追求して』

2019年3月23日 19:50

サポートサーフェス 2019-20年秋冬コレクション、ピュアな洋服を追求して

サポートサーフェス 2019-20年秋冬コレクション、ピュアな洋服を追求して

サポートサーフェス(support surface)の2019年秋冬コレクションが、2019年3月20日(水)に表参道ヒルズ「スペース オー」で発表された。

「Pure form」をキーワードに
今季のコレクションのキーワードとなるのは「Pure form」。デザイナー研壁宣男は洋服作りの上で、“ピュア”な形を追求したいという想いからこの言葉を思いついたという。洋服の原型を崩さないシンプルなデザインでありながらも、細部へのこだわりは惜しみなく。そんな研壁の丁寧な洋服作りが伺えるワードローブが、ランウェイに姿を現した。

シンプルな服に隠された“複雑”なディテール
モデル達が纏うのは、タートルネックやワンピース、ロングコートなど、日常に溶け込む“リアルクローズ”。けれどその佇まいはラフな雰囲気とはかけ離れていて、会場に流れる生演奏の優雅なメロディのように、上品で柔らかな空気を纏っていている。

その気品を作り出しているのは、洋服の細部に施されたディテールだろう。ニットを細かく詰まんで、緩やかなラインを作りだしたり、ワンピースの胸元にドレープをたっぷりと取ったり。またオールブラックのコートには、絶妙なシワ加工を施して動きのある表情を作りだしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.