くらし情報『漫画『幽☆遊☆白書』が舞台化 - 19年夏に東京・大阪・福岡・愛知で、演出に御笠ノ忠次』

2019年5月12日 16:00

漫画『幽☆遊☆白書』が舞台化 - 19年夏に東京・大阪・福岡・愛知で、演出に御笠ノ忠次

漫画『幽☆遊☆白書』が舞台化 - 19年夏に東京・大阪・福岡・愛知で、演出に御笠ノ忠次

漫画『幽☆遊☆白書』が舞台化。2019年5月29日(水)18:00より、チケットのプレイガイド先行受付をスタート。8月28日(水)から順次、東京・大阪・福岡・愛知で上演される。尚、チケットの好評を受け、福岡公演は追加公演を実施。

『幽☆遊☆白書』とは?
『幽☆遊☆白書』は、1990年から94年にかけて「週刊少年ジャンプ」に連載された冨樫義博の人気コミック。不良少年・浦飯幽助が子供をかばって事故死した事を機に“霊界探偵”となり、仲間たちと共に妖怪との戦いに挑む姿を描いた作品だ。コミック累計発行部数は5,000万部を越えたほか、アニメ化も実現。世代を超えた今なお、国内のみならず世界各国で愛され続けている。

崎山つばさ鈴木拡樹など注目の実力派キャストが集結!
そんな人気作品のキャラクターを務めるのは、注目の実力派キャスト勢。主人公である浦飯幽助役には、崎山つばさが抜擢。また幽助を取り巻くメインキャラクターたちには、桑原和真役に郷本直也、蔵馬役に鈴木拡樹、飛影役に橋本祥平がそれぞれ担当する。

脚本・演出に御笠ノ忠次
本舞台の脚本・演出を手掛けるのは、ミュージカル「刀剣乱舞」やアニメ「東京喰種 トーキョーグール」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.