くらし情報『映画『ジョーカー』なぜジョーカーは誕生したのか?ある孤独な男の壮絶な人生』

2019年5月13日 11:00

映画『ジョーカー』なぜジョーカーは誕生したのか?ある孤独な男の壮絶な人生

映画『ジョーカー』なぜジョーカーは誕生したのか?ある孤独な男の壮絶な人生

映画『ジョーカー』が、2019年10月4日(金)に日米同時公開。

DCコミックスの人気ヴィラン、ジョーカーの“悲劇”かつ“喜劇”な人生を描く
ジョーカーは元々バットマンの敵役として登場した、DCコミックスに登場するヴィランの中でも人気のキャラクターだ。シーザー・ロメロが初代を演じ、ティム・バートン監督の『バットマン』ではジャック・ニコルソン、クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』ではヒース・レジャー、さらに『スーサイド・スクワッド』ではジャレッド・レトが役を務めた。

ジョーカーの特徴
そんなジョーカーは、白い顔のピエロメイクに緑の髪、インパクト大のルックスが特徴。超人的な能力は無いが優れた頭脳を持つ。邪悪に笑う不気味さ、外見に相まって劇場型の犯罪で人々の心を徐々にむしばんでいく悪のカリスマだ。予測不能の凶行で人々を戦慄させ、世界を混乱させることを楽しんでいる。

“孤独な男がジョーカーになるまで”のオリジナルストーリー
映画『ジョーカー』は、“悲劇”とも“喜劇”とも言える彼の人生にフォーカスした完全オリジナル・ストーリー。狂気で人々を恐怖に陥れる“ジョーカー”そのものではなく、“孤独な男がジョーカーになるまでのリアルなドラマ”が描かれる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.