くらし情報『映画『田園の守り人たち』第一次世界大戦下、仏の農園を舞台に男たちの銃後を守る女たちのドラマ』

2019年5月17日 06:00

映画『田園の守り人たち』第一次世界大戦下、仏の農園を舞台に男たちの銃後を守る女たちのドラマ

映画『田園の守り人たち』第一次世界大戦下、仏の農園を舞台に男たちの銃後を守る女たちのドラマ

映画『田園の守り人たち』が、2019年7月6日(土)より岩波ホールほか全国で順次公開予定。グザヴィエ・ボーヴォワが監督を務める。

第一次世界大戦下、“男たちの帰りを待つ”女たちの人間ドラマ
映画『田園の守り人たち』は、第一次世界大戦下にあるフランスの田園地方を舞台に、男たちの銃後を守る女たちの静かな戦いと、その胸に渦巻く思いを描いたドラマ作品。

物語は、2人の息子たちを西部戦線へと送り出した農園の未亡人・オルタンスが、種まきの働き手として、娘・ソランジュの手伝いだけでなく、若い女性・フランシーヌも雇い入れることから始まる。農作業だけでなく、家事までこなすフランシーヌは、女主人の信頼を得て、家族同然に暮らすように。そんなある日、前線から次男・ジョルジュが一時休暇で帰還。やがて2人は惹かれ合い、逢瀬を重ねるようになるのだが‥‥。

ナタリー・バイ×ローラ・スメットが映画でも母娘役に
未亡人・オルタンスと娘・ソランジュを担当するのは、本作で初共演を実現したフランスの名女優 ナタリー・バイと実娘ローラ・スメット。ナタリー・バイは、近年『わたしはロランス』『たかが世界の終わり』に出演。またグザヴィエ・ボーヴォワ監督とは3度目のコラボレーションとなる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.