くらし情報『クラフトジンの祭典「ジンフェスティバル 東京 2019」天王洲で開催、21カ国200銘柄以上が集結』

2019年5月24日 18:45

クラフトジンの祭典「ジンフェスティバル 東京 2019」天王洲で開催、21カ国200銘柄以上が集結

クラフトジンの祭典「ジンフェスティバル 東京 2019」天王洲で開催、21カ国200銘柄以上が集結

クラフトジンの祭典「ジンフェスティバル 東京 2019」が、天王洲キャナルサイド B&C HALL、T-LOTUS M及び周辺施設にて開催される。日程は、2019年6月8日(土)と9日(日)の2日間。

2回目の開催となる「ジンフェスティバル 東京」は、21カ国・200銘柄以上のジンを様々なスタイルで体験できるイベント。今回は、倉庫型のイベントホール=B&C HALLをメイン会場とし、65社以上の出展・協賛企業による21カ国・200銘柄以上のジンが集結する。

お気に入りのジンとトニックウォーターを選んでジン&トニックを味わったり、スペシャルカクテルを味わったり、無料セミナーに参加したりと様々な楽しみ方ができる。またジンの見どころは味わいや香りだけではなく、各メーカーの個性あふれるボトルデザインにもある。初心者は、まずお気に入りにボトルデザインからジンを楽しむのもよさそうだ。

なお、「Tennoz Harbor Market」が同時開催されるので、一緒にショッピングや食事を楽しむことも可能。200メートルに渡るボードウォークなど天王洲キャナルサイドの解放感あるロケーションで、初夏の風を感じながらジンの魅力に触れてみては。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.